入れ歯

  1. ホーム
  2. 入れ歯

従来の入れ歯

他の歯にバネをかけて入れ歯を固定するので、他の歯への負担が多く、長年使っているとバネがゆるくなり、歯垢も残りやすくなってしまいます。
部分義歯について
部分義歯には、ブリッジ、磁性アタッチメントなどがあります。

ブリッジ

両脇の歯を支えにしてはめ込みます。金具が見えてしまうので、審美的に抵抗がある方には、磁性アタッチメントやインプラント、審美歯科(差し歯)による治療をおすすめします。

コヌクスローネ義歯

普通の入れ歯に比べて歯に針金をかけないので、見た目にも気になりません。
義歯床を小さくすることもできるので、不快感を軽減できます。
保険適応の入れ歯は作り方、使用材料に細かく制限があり、満足できないで使用しない方もいます。この自分の歯に針金をかける方法に代わる優れた入れ歯が欧米でよく使われるコーヌスクローネ義歯です。

磁性アタッチメント

口腔内の残存歯に磁石が吸着する金属をつけ、取り外しの義歯に磁石を着け、磁力によって義歯を安定させます。見た目にも、義歯とはわかりずらく、外れにくいのでお勧めです。

総入れ歯・部分入れ歯の種類

総入れ歯・部分入れ歯の種類 自費総入れ歯・部分入れ歯 保険総入れ歯・部分入れ歯
ハイグレードタイプ スタンダードタイプ エコノミータイプ
主材質 金・プラチナ 純チタン・チタン合金 超硬質コバルトクローム合金 コバルトクローム合金 プラスチック
プラスチック
総入れ歯
部分入れ歯
特徴 昔体に安全といされる金やプラチナを主材料とした合金です。仕上がりの美しさはもとより、鋳造性に優れているので、ピッタリ合いやすく、お口の中では心地よい接触感です。
いろいろな食べ物の味もそのまま美味しく頂けます。金属のしなやかさがバネをかける歯のダメージを少なくします。
チタンは体内に埋め込むことができるほど安全性の高い金属で、口の中では金属味がほとんどありません。
金に近い硬さの純チタンとプラチナに近い硬さのチタン合金があり、用途に応じて使い分けをします。
永く入れ歯用材料として使用され、信頼性も実績も高い材料です。スタンダードタイプには超硬質の材料を使用することで、丈夫さや薄さを限りなく追求し、自然に近い装着感や快適感が得られます。一つずつ丹念に人工歯の埋め込み部分に金メッキを施し、プラスチック部分も自然な色に仕上がります。
エコノミータイプは金属床の基本的な良さを生かしつつも、歯にかかるバネのデザインを限定するなどして、お求めやすい入れ歯です。
保険では使用できる材料やデザインに制限があります。基本的にすべてプラスチックのため分厚くなり快適さが損なわれたり口の中で熱が伝わりにくくなりますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。
丈夫さ 普通
快適さ 普通
熱の伝わり 普通
身体への優しさ 普通
食べ物の味わい 普通
軽さ 普通
トータル評価 普通