歯科衛生士について

  1. ホーム
  2. 歯科衛生士について

歯科衛生士の役割

国家資格を持った歯科衛生士の大きな仕事は、

1.歯科保健指導

専門的な立場からの助言や援助

2.歯科予防処置

むし歯や歯周病に対する予防処置

3.歯科診療補助

歯科診療の補助、歯科診療の介助・事務の介助の3つです。 
歯科診療補助の業務の中には、診察室の管理・受付業務・診療の介助などの仕事が含まれているため、歯科助手のようなアシスタント的な役割もこなさなければなりません。
 そのほかには、歯科医師の治療方針・内容を正確に把 握し、患者さんに分かり易く説明することも要求され、患者さんとのコミュニケーションも大切です。患者さんの不安や恐怖を取り除く「優しさ」「思いやり」「笑顔」が何より大切な仕事です。

歯科衛生士の仕事

歯科保健指導<専門的な立場からの助言と援助>

歯科医院では
  • 歯みがき指導
  • フロッシング指導
  • 栄養指導 他
保育園・小学校・保健所では
  • 歯みがき教室
  • 歯周病予防教室 他

歯科予防措置

予防的歯石除去
  • 歯周病予防のための歯石除去
  • 歯垢・ヤニの除去(歯面のクリ-ニング)他
う蝕(むし歯)予防処置
  • フッ化物の塗布
  • フッ化ジアンミン銀の塗布
  • 小窩裂溝填塞(シーラント) 他

歯科診療補助

歯科診療の補助
  • 患者の状態を予備的に聞く
  • 口腔の清掃状態を検査する
  • 歯肉状態を検査する
  • 充填物をつめて、研磨する
  • 仮封(暫間被覆)を行う
  • ラバーダム防湿の装着と撤去を行う
  • 矯正装置の撤去を行う
  • スナップ印象を採る
  • 脈拍・血圧・体温の測定 他
歯科衛生士と歯科助手の違い
 国家資格を持っていることにより、患者さんの口の中を触れることができます。つまり口腔内の予防処置を行うことが可能なのです。
 そのほか、在宅訪問、施設診療、学校などでのブラッシング指導、歯の磨き方の指導など衛生予防も併せて行います。

歯科助手の仕事内容

歯科診療の介助
  • 〈チェアーサイドアシスタント〉
  • 患者を誘導する
  • セメントを練和する
  • 印象材を練和する
  • 診療器具や材料の準備をする
  • 器具器材の滅菌消毒をする 他
事務介助
  • 患者の受付をする
  • 診療録を整理する
  • X線フィルムの整理をする
  • 医療保険事務をする 他

歯科衛生士・歯科助手共通の仕事

  • 受付・窓口業務
  • スケジュール管理
  • 医療保険事務
  • 各種事務処理
  • 歯科医師のサポート(医師の指導のもと)