歯周病

  1. ホーム
  2. 歯周病

歯周病治療 periodontaltheapy

 代表的な歯の病気に、むし歯と歯周病があります。
 歯そのものを傷める虫歯とはちがい、歯周病は歯を支える周りの組織(歯周組織)におこる病気です。

歯を失う最大の原因は歯周病

 35才以上で80%以上の人が歯周病に!成人の歯を失う原因の第一は歯周病です。

 口の中の異常というと、歯に穴があいたり、痛くなったりといった虫歯の症状が目立ちます。
 でもいつのまにか歯を支えている組織をむしばむ歯周病は、かなり病状が進行しないと自覚症状があらわれないことから、治療が手遅れになりがちです。
それゆえ成人の方の歯を失う原因の第一となっています。

歯周病が起こる原因

 歯周組織は歯肉(歯ぐき)と歯を支える骨組織(歯槽骨)、歯の根元をおおうセメント質、歯根と歯槽骨をつなぐ歯根膜からなり、歯を正しい位置にしっかり付着・固定するための強固な構造を備えています。
 しかし、歯磨きが不十分で、歯と歯肉の間に細菌が住み着いてプラーク(歯垢)がたまると、そこに炎症が引き起こされます。これが歯周病の始まりです。

歯周病は生活習慣病です

 歯周病の第一の原因は、前に述べたようにプラーク(歯垢)です。しかし歯をあまり磨かなくても歯周病にならない方もいれば、一生懸命みがいても少しづつ悪くなられる方もいます。
 すなわち個々の患者さんの先天的な要素が多くをしめているわけで、これは糖尿病や高血圧症などのいわゆる生活習慣病の成り立ちと似ています。それゆえ患者さん、歯科医師両者にとってそれぞれの患者さんのタイプを判定することが重要になります。
 その他の歯周病の原因として、喫煙、糖尿病などの全身疾患、ストレス、歯ぎしり、かみしめなどの習癖があげられます。

歯周病の治療

 当院では下図のような診療システムを設立し、患者さんの歯をできるだけ長く守ることを目的に診療を行っています。
 当院の院長はアメリ力の歯学部、歯周病科大学院を修了した歯周病スペシヤリストです。アメリカで得られた最新の技術と知識を駆使して、歯科衛生士、歯科助手とのチームワークで治療にあたります。

歯周病治療の流れ

1.応急処置

歯ぐきの痛み、腫れなどの急性症状に対処します。

2.精密検査

いったん痛みや腫れがひいた後、歯肉の状態を詳しく調べます。全体のレントゲン検査やお口の中の写真撮影も含まれます。

3.治療計画とカウンセリング

精密検査の結果をもとに、個々の患者さんについて綿密な治療計画が立てられます。それにそって、患者さんに治療計画の説明が行われます。

4.初期治療

歯周病治療の基本となるもので、歯磨き方の改善、歯石除去などが行われます。簡単な虫歯の治療や、仮ブリッジ、仮義歯の作成も必要に応じて行われます。

5.二次治療

歯周病の進んだ部位のみに行われます。失われた歯周組織を再生させる、再生療法もこの時期に行われます。

6.修復治療

冠をかぶせたり、ブリッジ、義歯が作成されます。(必要な方のみ)

7.メンテナンス

せっかくよくなった歯ぐきを長持ちさせるため、3~6ヶ月ごとの定期検診を受けましょう。
歯ブラシや歯みがき剤だけでは治りません。
TVのコマーシャルでは歯周病治療のためのさまざまな歯ブラシ、歯みがき剤が紹介されています。もちろん正しいブラッシングは歯周病治療の基本ですが、進行した歯周病はけっしてブラッシングだけでは治ることはありません。適切な治療との両者一体ではじめて歯周病を治すことができます。